30キロ痩せると皮が余る?※3つの改善方法もご紹介

30キロ痩せると想像するだけでも、脂肪がかなり減るということはイメージできますね。でも、今までの体重から30キロ痩せるということは、脂肪が減る分、皮もブヨブヨになって垂れてしまうのではないでしょうか?

 

30キロ痩せるのは嬉しいけれど、その余った部分が垂れているのはちょっと恥ずかしいですよね。では、30キロ痩せる努力をした後の皮ってどうしたら良いのでしょうか?ここでは、30キロ痩せるためにダイエットをした後の皮について焦点を当ててみました。

 

30キロ痩せると皮はどうなる?

時々、テレビでも30キロ痩せる人が紹介されていますが、その後の皮がかなりブヨブヨに垂れ下がっていますよね。つまり、30キロ痩せると皮がブヨブヨになりやすいということです。

 

しかし、同じように30キロ痩せることが出来た人でも、皮が垂れない人も中にはいます。この違いって何なのでしょうか?その答えは、30キロ痩せるまでのスピードが関係している場合があります。

 

例えば、30キロ痩せるために3ヶ月で痩せた場合は、皮が垂れてしまうことが多いですが、30キロ痩せるために1年以上かけてダイエットをした場合には、あまり皮は垂れません。つまり、体が急いでダイエットをするとその体型に皮が追いつかないのですが、徐々に痩せていけば、皮もちゃんとうまくついてきてくれるということです。

 

余った皮はどうする?

では、その皮の処理はどうしたら良いのでしょうか?実は、たるんでしまった皮は引き締めることが出来るのです。その引き締め方法は、色々な方法がありますが、代表的な方法をご紹介いたします。

 

ストレッチ

毎日ストレッチをしていると皮膚がだんだん活性化してきますので、たるんでいた肌も引き締まります。

 

保湿

肌に弾力を持たせることが出来ると肌の再生能力もアップします。では、保湿でたるみに効果をださせるためにはどのような成分が入っていた方が良いのかというと、「アルファヒドロキシ酸」や「ベータヒドロキシ酸」などが配合されているものを選びましょう。

 

この成分が配合されているものを選ぶことで、肌の生成を促進させる効果が高まります。

 

筋トレ

皮膚のたるみには、筋肉が低下していることも関係しています。そのため、筋トレをやって筋肉を付けてあげると皮膚も引き締まります。また、筋トレを行うと睡眠の質がアップすることが分かっています。

 

睡眠の質が改善されると成長ホルモンが分泌されやすくなりますので、肌の再生を補助してくれる効果も高まります。

 

このような方法で、30キロ痩せることに成功した後の皮を元に戻すことが可能です。

 

まとめ

30キロ痩せるダイエットに成功した時に皮がたるむのは、ダイエットで体重を落とすスピードがあまりに早いために起こる現象だということが分かりました。しかし、この皮のたるみについては、ストレッチや保湿、筋トレなどで肌を引き締めると元み戻りやすくなりますので是非やってみましょう。