ノンファットタイムは授乳中には服用出来る?

ノンファットタイムについては即効性のあるダイエットサプリメントとして有名ですが、生理中や授乳中などの体調が変化しやすい時に摂取するのが良いのでしょうか?生理中や授乳中でも、ダイエットしたい人の気持ちは変わりませんよね。

 

かといって、ノンファットタイムが生理中や授乳中に摂取することは初めから禁止されているのであれば絶対に服用出来ません。もしも生理中や授乳中にノンファットタイムを服用することで何か副作用が起きたら大変です。

 

ここでは、ノンファットタイムが生理中や授乳中でも服用出来るのかを確認してみました。

 

ノンファットタイムは生理中でも服用出来る?

まずは、ノンファットタイムが生理中でも服用出来るのか確認してみました。女性の体は黄体ホルモンの増減で1ヶ月の間に体調がよく変わるものです。特に生理中だと生理痛があったり頭痛が起きたり貧血になりやすいといった症状が現れる人も多いですね。

 

では、そんな時にノンファットタイムを服用するのは良いのかというと、生理中のノンファットタイムの服用はおすすめできません。ノンファットタイムは体調の調子があまりよくない時に服用すると、吐き気や胃痛などといった症状を引き起こす可能性があるからです。

 

ノンファットタイムは授乳中でも服用出来る?

次に、ノンファットタイムが授乳中でも服用出来るのか確認してみました。しっかりと授乳をしている時だとまだまだ生理が開始されないことが多いですよね。そのため、ノンファットタイムを服用出来るかもしれません。

 

しかし、結論から言うと授乳中でもノンファットタイムの服用はおすすめできません。これは何故かというと、ノンファットタイムの脂肪を燃焼させる成分が、血液に載って赤ちゃんの体内に入ってしまうからです。

 

授乳中の赤ちゃんなんて、まだまだお米を食べられるか食べられないか、また完全食になっていてもまだまだ味付けが薄味だったりするものです。そんな時にノンファットタイムの成分を赤ちゃんの体内に入れることはとても危険だということは想像つきますね。

 

そのため、生理中や授乳中のノンファットタイムの服用は絶対に避けるようにしましょう。

 

まとめ

ここでは、ノンファットタイムが生理中や授乳中でも服用出来るのか確認してみました。すると、生理中では体調の変化が激しいため、このような時期に摂取をすると吐き気を催す場合があるので摂取は出来ないことが分かりました。

 

また、授乳中だとノンファットタイムの成分が母乳と一緒に赤ちゃんの体内に入り込んでしまうのでとても危険でした。

 

つまり、ノンファットタイムについては生理中でも授乳中でも服用することはNGだということがわかりました。いくらダイエットがしたくても体調を崩してしまっては意味がありませんので、ちょっと我慢して体調の良い時や子供が卒乳してから服用するようにしましょう。

 

>>ノンファットタイムの詳細はこちら